ざんねんないきもの事典。3

食で身体に栄養を!

読書で心に栄養を!

 

今月はこの本から!

 

 

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2016/05/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ウナギの身体が黒いのはただの日焼け

 

ウナギが世界一深い海であるマリアナ海溝でうまれますが、最初は白っぽく透明な身体です。ところが成長して、川をさかのぼり始める頃になると、どんどん身体が黒くなります。

 

これは日焼けです。太陽の光には「紫外線」という身体に有害な光が含まれています。そのため、太陽の光が届かない深い海から浅い川にやってくると、身体の表面を黒くして身体の中に紫外線が入らないように守っているのです。

 

これは、人間が夏に日焼けをするのと同じ仕組み。人間が蒲焼にする前に、すでにこんがり焼けていたのですね。

 

 

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。